カフェ開業予備軍300名から学ぶ☆カフェ開業実現マル秘ファイル
カフェ開業予備軍300名の実例を通して学ぶ常識はずれのカフェ開業論。「キラリ☆と光る個性と経営が両立した個人カフェの新法則」を大公開!
プロフィール

カフェプロデューサー『M』

Author:カフェプロデューサー『M』
世の中に開業本(ノウハウ)数あれど、「個人の想いと個性あるカフェづくりの情報って少なくない?」と感じている“個人の想いがつまった個性あるカフェづくり”応援団長。店舗企画や経営のキャリアを活かし、コンセプトづくりと開業後のやりくりも視野に入れたカフェづくりが持ち味です。現在は某カフェオーナー輩出機関にて日々邁進中。



★カテゴリー★



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『バリエーションのあるメニューは危険??』
まったくの未経験からお菓子を勉強している32歳のKさん(男性)。
Kさんの夢は1年以内にお菓子屋さんを開くこと。
大きくても30坪くらいだそう。(キッチン&売り場&イートイン)
実家のある埼玉で土地が確保できそうとのことでした。

そんなKさんからの相談。
「どんなケーキを売るか?」今回の相談のポイントです。

ちなみに、Kさんの開業候補地は関東近郊のフツー(?)の住宅街。
ハイセンスなお店は皆無…だそう。

最初にKさんから話を聞いたときは、
「バリエーションあるケーキを出さないとお客さんが来ないと思うんです。」
うん??バリエーションを増やさないとお客さんが来ないかも?
『Kさん、ひょっとしたら…その逆!かもよ。』
個人のお店の場合“バリエーションのあるメニュー構成”は要注意!
理由は、『特徴やこだわりが薄れる』『運営的な問題』の2点。

個人の方が開くお店やカフェっていうのは、
*『小さいお店』であることが多い
*『少ない人数』でつくらなきゃいけないことが多い
*『メニューの種類も最小限』しかできないことが多い

わかりやすく例えると、『ロールケーキを中心としたメニュー構成』とか。

大切なことは、いろんなケーキをなんのこだわりもなく品揃えするより、
いろんな種類のロールケーキを品揃えにしよう。ってこと。

べつに、ロールケーキだけ…でなくてもいいけれど、ロールケーキを中心にほかのケーキがあってもいい。

個人の人が小資本でお店をつくるときのメニューの考え方。
それは・・・『主役と脇役』の構成
主役のカテゴリーと脇役のカテゴリーで構成する。

主役(例;ロールケーキ)の品揃えを充実させると、
お客さんは、「あのロールケーキのカフェ(例)」というようにお店のことをおぼえてくれやすくなる。

だから、小資本の個人カフェでは、
バリエーションのあるメニュー提供は『特徴やこだわりが薄れる可能性あり』で要注意。

そんなこんなでKさんへの宿題・・・主役メニューを決めること。になりました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://cafekaigyou.blog62.fc2.com/tb.php/6-aa390999



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。