カフェ開業予備軍300名から学ぶ☆カフェ開業実現マル秘ファイル
カフェ開業予備軍300名の実例を通して学ぶ常識はずれのカフェ開業論。「キラリ☆と光る個性と経営が両立した個人カフェの新法則」を大公開!
プロフィール

カフェプロデューサー『M』

Author:カフェプロデューサー『M』
世の中に開業本(ノウハウ)数あれど、「個人の想いと個性あるカフェづくりの情報って少なくない?」と感じている“個人の想いがつまった個性あるカフェづくり”応援団長。店舗企画や経営のキャリアを活かし、コンセプトづくりと開業後のやりくりも視野に入れたカフェづくりが持ち味です。現在は某カフェオーナー輩出機関にて日々邁進中。



★カテゴリー★



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『DOGカフェのファミレス化??』
主婦Kさんの「DOGカフェをやりたい」案件第3回目。

私が3年前、半年間のカフェ開業定期講座の講師をやらせていただいたとき、受講生が80名くらいだったかな?

その80名中、「DOGカフェやりたい」という方が10名くらいいたと思います。「結構多いな~」と感じた記憶があります。あの頃は「DOGカフェ」が注目でした。

当時の講座では、個別にカフェのプランを考えてもらい、それが実現可能なのか?をシミュレーションしたんです。DOGカフェのプランの方の場合、どうみても赤字になるケースがいくつかありました。
また、何名かのDOGカフェオーナーからご相談を受けたこともありました。(売上向上のご相談)

そんな状況を解消するには↓↓↓
①「夜のお客さんがもっと増えないか」
②「フードメニュー(飼い主さん用)の注文率がもっとUPしないか→客単価のUP」
③「飲食以外の収入源をつくるor増やす」

この3つに着目していました。
この3つはつまり、「DOGカフェのアキレス腱」だったんです。

愛犬を家族にもつあなたも感じませんか?
「そういえば、夜に行かないな~」とか、
「あんまり食事しないな~~」とか・・・

3つの中のいずれか1つでも上手くいけばDOGカフェの経営体質が改善される。そんな仮説が成り立つ。

まずは①と②を改善するための実践的テーマは、『メニュー』です。
「あそこで夜ごはんしよう、美味しい昼ごはんしよう」そう思わせる店づくりです。結果、『夜の吸引、昼メニューの単価UP』につなげよう!ということ。

「当時」でいうと、DOGカフェのメニューは「ライトメニュー中心」でした。サンドウィッチが定番。もしくは、「あそこでごはんしよう」と思いづらいカフェごはんメニュー。(あんまり美味しくない、コストパフォーマンスの高くないメニュー)そんなメニューが多かった。

「夜ごはんしよう」という気にさせるメニューづくりのためには、
『DOGカフェのファミレス化』がテーマだと考えます。『愛犬を連れて夜ごはんに行こう!』がスローガン(?)。
これはKさんにもひとつの提案としてお話しました。

DOGカフェで夜ごはんしよう!と想う中心客層は、「愛犬も家族の一員」という人たちでしょう。

ときには家族で。ときには愛犬と二人きりで…
恋人や友達とではなく、「家族で食事をする。」そんなときに行きやすい代表格(お店)。ずばり、ファミレス??

『“ファミレスに行くような感覚”でDOGカフェを利用してもらえないだろうか。』そう思ってメニューコンセプトや主役カテゴリー、品揃えを考えていくのはどうですか。そこの考えにKさんは共感してくれました。

ただ誤解したくないのは、「ファミレス≒品揃え豊富」ではない。
「家族で食事をするシーン」を想定したメニューを考えよう!という発想。以前お話した、『メニューカテゴリーをある程度絞る』必要性はあります。

では、どんなメニューがいいのか?
以前の講座である受講生と考えたのは、『One-Pot-Dish(ワンポットディッシュ)』。なんじゃ、それ??そんな声が聞こえます。

簡単に言うと、「一人前の洋風煮込み料理」。かわいいポットや小さな鍋に盛られたシチューやカレーやグラタンなど。

あとはそんな「One-Pot-Dish」に合わせるガーリックトーストとかハーブライスとか…

どうですか?こんなメニュー。
あくまでひとつの提案ですが、こういったメニューがあるDOGカフェで「愛犬を連れてファミレス感覚で食事しよう」という需要は生まれないですか?

もちろん、ランチメニューにも流用すればいい。ランチの場合はもっとメニュー数も絞り込んで。そうすれば昼も夜も基本的には同じ仕込調理でやりくりできるでしょ。

今日のお話はここまで。
KさんのようにDOGカフェやりたい人が、
メニュー発想で夜の集客(吸引)まで考えられるカフェづくりができればいいと思います。


-----------------------------------------------------------------

◆300万円からスタート!カフェ開業メール塾◆

コチラをどうぞ⇒www.mag2.com/m/0000245000.html
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
私も犬を連れてカフェにいきます。
憧れですが将来ドッグカフェみたいなお店をもてたらと思ってます。
うちの近くにあるドッグカフェも閉店しました。そろ理由がなんだかわかったような気がします。
【2007/10/06 10:54】 URL | タロー大好き #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://cafekaigyou.blog62.fc2.com/tb.php/25-8b9c26ef



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。