カフェ開業予備軍300名から学ぶ☆カフェ開業実現マル秘ファイル
カフェ開業予備軍300名の実例を通して学ぶ常識はずれのカフェ開業論。「キラリ☆と光る個性と経営が両立した個人カフェの新法則」を大公開!
プロフィール

カフェプロデューサー『M』

Author:カフェプロデューサー『M』
世の中に開業本(ノウハウ)数あれど、「個人の想いと個性あるカフェづくりの情報って少なくない?」と感じている“個人の想いがつまった個性あるカフェづくり”応援団長。店舗企画や経営のキャリアを活かし、コンセプトづくりと開業後のやりくりも視野に入れたカフェづくりが持ち味です。現在は某カフェオーナー輩出機関にて日々邁進中。



★カテゴリー★



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『はじめてのDOGカフェ開業に向いている立地は?』
昨日、お会いした主婦のKさん。DOGカフェ開業についてのご相談。
今日はその続きのお話。

Kさんが希望している開業エリアは東京世田谷区のKという街。DOGカフェには相性のいい街でしょう。しかし、店舗を借りるときの「物件取得費」がかさむでろう街です。(相場が高め)

月々の家賃が高めであればその分売上も必要です。
家賃は、売上がよかろうが悪かろうが、毎月同じ額を支払う出費。
つまり、経営のハードルが高くなる。「はじめて飲食店を開業する、経営する人」にとっては「リスク」が伴う。

「いや、私はリスクをとってもそれなりのリターンを取ることにする」そんな志向であればいいですが。

私がひとつKさんに提案したのは、
「世田谷区Kエリア以外の選択肢はないだろうか?」ということ。

ちなみにKさんは横浜にお住まいです。
世田谷区Kよりも、物件取得費が低めのエリアはないだろうか?
土地勘のある横浜でDOGカフェに向くであろうエリアはないだろうか?そこがKさんへの提案でした。

DOGカフェの場合は、駅から近い、人通りが多い…などよりも、
「犬を散歩しながらカフェでくつろぎたい」そんな需要があるだろうロケーションが大切です。

私が考えるDOGカフェに向いている環境、エリア、ロケーションとは…(資本が少ない個人のケース)

*犬を連れて買い物などしている人をよく見かけるエリア
*一戸建て住宅が多い地域が商圏になるエリア
*緑が整備されているエリア
*歩行者にやさしい道路環境
*郊外型ペットショップの商圏内
*理想は、公園が近くにある
*トリミングなどペット向けサービスが提供されている商業施設(ショッピングセンターなど)の商圏内
*車がバンバン通る大通りでなく安心して歩ける道路に面して→美容院や物販店などが出店しているロケーション

ざっと思いつくところでいうとこんな感じかな・・・

で、Kさんにずばり提案したのは、
「横浜の港北ニュータウン、田園都市線(多摩プラ~青葉台)などの物件を探して見てはどうですか。」と。駅から離れてもいいから。

そう提案したのは理由がある。その理由は、
①Kさんが感度の高い人だということ。②前述した要素が見られるエリアだということ。③なによりも土地勘がある横浜だということ。④車での来店が可能な物件を取得できる可能性がある。

ただし、上記エリアは相場が上昇中です。でも世田谷区Kよりは、まだまだ出店コストが抑えられる。

あとはDOGカフェの場合、「収益性」がアキレス腱なんです。
収益性をあげるには、『複数の収入源をもつ』ことが大切。

複数の収入源とは、飲食・物販・トリミングなどのサービス・コミュニティー機能…です。

そのためには、「ある程度のお店の広さ」が必要。
だからこそ、「賃料相場が高すぎると、余計に物件取得費がかさむ」。

だからこそ、いわゆる「郊外」がはじめて開業する人にとってはいい提案なんじゃないか・・・とKさんとやりとりしたんです。


あとは、前回にお話した「DOGカフェの夜の集客と、収益性をどうするか?」このやりとりもしました。

このお話は次回に。(ごめんなさい)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://cafekaigyou.blog62.fc2.com/tb.php/24-01d1593c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。