カフェ開業予備軍300名から学ぶ☆カフェ開業実現マル秘ファイル
カフェ開業予備軍300名の実例を通して学ぶ常識はずれのカフェ開業論。「キラリ☆と光る個性と経営が両立した個人カフェの新法則」を大公開!
プロフィール

カフェプロデューサー『M』

Author:カフェプロデューサー『M』
世の中に開業本(ノウハウ)数あれど、「個人の想いと個性あるカフェづくりの情報って少なくない?」と感じている“個人の想いがつまった個性あるカフェづくり”応援団長。店舗企画や経営のキャリアを活かし、コンセプトづくりと開業後のやりくりも視野に入れたカフェづくりが持ち味です。現在は某カフェオーナー輩出機関にて日々邁進中。



★カテゴリー★



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『ムダなスペースがカフェらしい空間になる?』
久しぶりの投稿ですいません。前回の「空間づくりはムダが必要」で「次回にもっと詳しくお話しますね」と言っときながら…ごめんなさい。

さて、「空間づくりにムダが必要」なんて言いましたが、このムダとは何かと言うと「スペース」なんです。
お店の空間づくりは、「いかに世界観のある雰囲気づくりや演出をするか」と「できるだけ多くの客席をつくる」の表裏一体なんです。チェーン店の理論は特に「できるだけ多くの客席をとる」ことが大切になってきます。

しかし、しかしです。前回、お話したように、「えっ?お店の中にテント…?」みたいな、「客席をいかに多くとるか」の反対論≒ムダがあると、『過ごす気持ち良さ』が生まれるんですね。わかります?この感じ。限られた店内の中に数多くの客席があると、隣のお客さんが気になったりとか、画一的に並んだテーブルが味気ないように感じたりとか…。

カフェづくりとは、『過ごし方をいかに演出するか?』という仕事(表現?)なんで、そこには『空間のムダ』が必要になることがある。
そのムダなスペースに、「もうひとつテーブル席つくろう」と考えるのではなく、こだわりの家具や照明、本、ディスプレイや雑貨、植栽や花など…を置いてみたり。
はたまた、ゆったりと過ごせるソファー席にしてさらに客席少なくしちゃうみたいな…

でもこの発想には「代償」がついてきます。何かって?何度も出ている客席数が減る!ことです。その分、一度に集客できる数が減ることです。

「じゃぁ、どうするんだよ?」って思ったあなた。私の考えは『客単価を少しでも高く(カフェ業態の範疇で)するようないろんな仕掛けをちりばめる」んですね。メニューの構成とかで・・・。この話はハッキリ言って有料です。(笑)
ちょこちょこお話していきたいとは考えてますが。

ということで、今日のまとめ。
世界観のあるカフェ空間には→「ムダなスペース」が必要!客席をひとつでも設置することもときには大切だけど、「気持ちよく(心地よく)過ごすための演出」や「記憶(印象)に残るような演出」をいかにしていくか?!がとっても大切なんですね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://cafekaigyou.blog62.fc2.com/tb.php/13-d548c387



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。